オステオパシー、三井温熱療法について

  • HOME
  • オステオパシー、三井温熱療法について
  •  

オステオパシーの魅力

オステオパシーを聞いたことがありますか?

オステオパシーは、1874年アメリカでアンドリュー・テイラー・スティル博士により誕生した徒手医学で、対症療法ではなく、全体治療です。 オステオ=骨 パソス=病気というギリシャ語が語源になっています。 スティル博士は、身体の構造が崩れると、リンパ液は血液循環が低下し、 本来の機能を果たすことが出来ずに病気になると考え、次の4つの大切な哲学を提唱しています。

  • 身体は1つのユニットである
  • 身体は自然治癒力と自己調整能力を持つ
  • 構造と機能は相互に関与する
  • オステオパシーの施術は、上記3つの理念に基づいてなされる

ごく当たり前のこと唱えているのですが、不調を訴える痛みや痺れ、違和感だけにとらわれるのではなく、その「不調の原因が何か」と考えていくのがオステオパシーの考え方です。身体は部分だけで生きているのではなく、それぞれの部分が機能を果たしながら全身で統合された動きを作り出しています。

ところが、様々なストレス・姿勢の癖・事故・・・いろいろな理由で「ある部分」が充分に機能できなくなると、他の部分がそれを補うようになります。ところがその補正もやがて限界を超え、痛みや不調が出てきます。

不調の原因が何であるか

何によって不調を起こしているのかを全身検査をする中で探し出し、必要な施術を行います。
不調の部分だけに注目した対症療法は、一時凌ぎにすぎません。
「木を見て森を見ず」ではなく、全身を診る目と部分を診る目をもってこそ、本当の意味での改善を目指すことができると思います。

オステオパシーでは、身体の歪みや動きの制限を見つけ、骨格筋の調整、内臓・内臓支持組織の調整、頭蓋骨の調整と脳脊髄液循環の改善、リンパ液の流れの回復を手技によって整えることで、身体のリズムと可動性を回復し、本来備わっている自然治癒力を最大限に引き出せるようにお手伝いをします。

「不調の原因が何であるか」
それを探し出すことが、オステオパシーの醍醐味と言っても過言ではないと思います。
スティル先生は、
「からだ・こころ・たましい」
人は、この三つをバランスよく備え、自然の真理と調和して生きなければならない。
とも言っています。

健康とは?

健康とは、どのような状態をいうのでしょうか?
オステオパシーの施術を受けていれば、健康を保つことができるのでしょうか?
健康を作り出すには、食事・運動・心・環境・睡眠など大切なことがいくつもあります。

  • 毎日、どんな食事を摂っていますか。旬のものを食べていますか。
  • 適度に体を動かしていますか。
  • 毎日をイキイキと過ごすことができますか。
  • イライラしたり、不安ばかりで自分を満たしていませんか。心から笑っていますか。
  • 寝つきは、よいですか。質の良い睡眠をとっていますか。
  • 自然の風を感じていますか。
  • 四季の移り変わりを感じていますか。
  • 排気ガス、電磁波、騒音などにまみれていませんか。
↑ ページトップへ ↑

三井温熱療法

三井温熱療法は、三井と女子先生が考案した「熱エネルギー」を利用し、自律神経系をリセットさせていく効果の高い施術療法です。皮膚は、43度以上の熱刺激が与えられると、「温かい」ではなく「熱い!」「アチチ!」と感じます。この「アチチ」こそが、温熱療法には必要な刺激です。背中の胸椎1番から腰椎2番までは、内臓につながる交感神経が通っています。そして、皮膚と内臓は密接な関係を持っており、内臓の情報は「内臓体性反射」により皮膚に反映されています。たとえば、胃の調子が悪い時に背中に痛みが出たりすることがあります。そして、その部分は交感神経が緊張し、血流が悪く組織が冷え、胸椎5番から8番あたりに必ず可動性が悪い部分や筋肉のハリが見られます。

プロの温熱療法師が背中に温熱器を滑らせていくと、左の肩甲骨下あたりに「アチチ反応」があります。このアチチ反応が起きているとき、身体の中では何が起きているのでしょうか?悪いところを温熱器が通った時、刺すような「熱い!」とか「痛い!」という感覚があります。これは一次疼痛といって、身体が危険を感じ逃避行動にでるAδ(エーデルタ)線維を通ってとても速いスピードで脳へと刺激を伝達します。このときに、交感神経の振り子が激烈に動かされ振り切れるわけです。全ての細胞は自律神経によって支配されており、交感神経と副交感神経はシーソーバランスになっています。温熱の熱によってピークにはじかれた交感神経の反動で、副交感神経が強力に引き出されていきます。

振り子の振り幅が大きければ大きいほど、副交感神経が活発になり、身体はリラックスモードになり、治癒に向かう力も一層強くなります。

では、どうして温かい気持ちのよい刺激だけでは、いけないのでしょうか?
温かい=気持ちいい⇒リラックスになりますが、それは一時的なものであって、治癒の方向へベクトルを持っていくことはできません。振り子の振り幅がとても狭くなっている状態で、「温かい気持ちのよい刺激」だけでは、そこまでの力を引き出すことができません。自律神経の偏りが修正されることが治癒に必要な刺激であり、プロの三井温熱療法師による熱刺激の操りこそが、身体を目覚めさせていくのです。

店舗概要

店舗外観 【オステオパシーブレス&ブレス】

東京都港区三田4-1-4
クアトロ三田ビル1階
tel:03-3452-5024

詳しく見る